膣式手術のご案内

  • 2018.11.05 Monday
  • 15:08
近年、「腹腔鏡下手術」が手術療法の大半を占めてきています。
 
当院では以前より、「膣式による子宮全摘出術、卵巣腫瘍摘出術」にも積極的に取り組んでいます。
 
「開腹手術」と比べて
入院日数が短く、術後の痛みも少ないです。また、「開腹手術」や「腹腔鏡下手術」と違い、全くお腹に傷が残りません
 
〇子宮筋腫の膣式手術の適応
 ・ソフトボール大くらいまでは、筋腫核を小さく分けて取り出すことができます。また術前にお薬で小さくしてから手術することがあります。
 ・癒着の強い場合や子宮が下がらない場合、膣壁の進展が悪い場合には膣式ではできないことがあります。
 
〇卵巣腫瘍の膣式手術の適応
 ・良性疾患に限ります。(術前にMRI、採血等で悪性の否定をします。)
 ・卵巣腫瘍の位置や癒着の強い場合、膣壁の進展が悪い場合には膣式手術ができないことがあります。
 
手術をお考えの方は、一度診察にお越しください。
 
 
理事長 伊集院
        

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode